便利な道具

林業用安全帯の使用方法

22530林業用安全帯の装着JUGEMテーマ:裏技・知恵袋



先祖代々、私の家業は綿屋利兵衛から始まって、商売屋として私は14代目、明治27年の専売公社化のため、刻みタバコ屋から金物屋に転業してから、3代目、約100年経過しているらしいが、少年時代のくりの実取りから始まって、私は山が大好きになった。山は人間と違って、だまさないからだ。だまされる度にほとほと、人間嫌いになるが、山へ行けば、そんなことも、すぐ、忘れられる、ありがたい、神聖な場所だ。
ときどき、へびやふくろうに出会うが慣れっこになって、平気だ。
そんな事ものかは、それ以上にわさびの煮付けやわらびや山ふきの煮物やうどのおつゆなどを味わうことが毎年の日課となってしまっているからである。
きのこ取りや山菜取り、いわな取り、くり取り、これでめしが食えれば最高だが、残念ながら、
この山仕事では現在のところ、飯は食えない。薬草やきのこの栽培、養殖などを併用しなければ、材木だけでは無理だろう、と思う。
さて、本題にはいろう。
林業用安全帯は昇柱器ないし”ガニ”と併用される。”ガニ”で足場を支え、その間にロープをずり上げる、身の軽い体力のある人しか出来ない作業だ。
この写真では”ガニは実装していないので、分かりにくいかもしれないが、実際は見ていると、すばやく、チェンソーを持ったまま、するすると上へ上がっていく。驚くほどの身のこなしだ。
次回その作業を動画で紹介したいと思っている。なお、左手の下側に見える金具はロープを伸縮させ、昇降するための金具で、ロリップと言う。
誰にでもできる作業ではない。しっかりとした教育訓練の必要な作業だと思う。
自分がこの作業をするわけではないが、自分の持ち山の杉の木が間伐の時期にきているので、今後、再度、その作業を見る機会はあるだろう、と思っている。
販売のページはこちら

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

オンラインショップはこちら

オンラインショップはこちらから

アマゾン

企業情報┃会社概要

        

和田金物店


        

じっとしているのは苦手。40歳位から、ジョギングを…【←詳細はこちら】


新着エントリー

カテゴリー別

日付順

リンク

その他

携帯用QRコード

qrcode