便利な道具

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.05.17 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大便器や小便器をピカピカに。

JUGEMテーマ:裏技・知恵袋

 



" target="_blank">



(トイレのお掃除のすすめ。)

まず、第一に大便器や小便器の汚れは大変落としにくいということ。
そこで、あらかじめ、汚れが取り付かないように、新設したときから、1週間に一度は必ず、自身で、お掃除をする、という覚悟を決めていただきたい。
第二に、いったん、汚れが付着したら、その汚れを放置しないこと。長期間放置すれば、汚れをおとすのに、大変な手間がかかること。そして、他人にまかせるにしても、高い経費がかかることが多いので、結局は自分でやらざるを得ない事。
この事実を認識していただきたい。

さて、にも拘らず、黄色の汚れが定着してしまった場合はどうするか?
それが今回のテーマである。
1年位の間に付着した汚れなら、ヨゴレトール4kgで拭けば、簡単に取れるだろう。しかし、それが1年以上たって、2,3年経過すると、大変だ。もう便器を取り替えるしかない。
そこで、そんなときに、最終的に使用するのが、コンパウンドである。この乳剤で、擦り付けるように、磨くしか他に方法がない。これはいろんなものを試した結果、最終的に、経験的に得た{プロのコツ}なのである。
この乳剤は便器の水質による汚れを取るのにも効果を発揮するが、そればかりではない。
人造大理石やF.R.Pの浴槽や鋳物ホーロの汚れや傷の補修にも使われている、プロにかなり知られた乳剤だ。
今回は水洗の便器の内部に付着しやすい、水質の汚れのお掃除は撮影してはいないが、上述のように、それは使用している方自身以外には誰もやりたがらない、あなたの独占的な「最高のお仕事」だからだ。
お手洗い場は自分ひとりで時間的、空間的に独占し勝つ、気持ちよく、夢想にふけるためには最適な場所なんです。
ある意味では、神聖な場所でさえある。
他人の手をかりることなく、自分の手で、お掃除することが楽しい。、と思ってください。
テレビで見たのだが、キッチン掃除が御趣味という、松井一代さんではないが、一脈、通じるところがあると、勝手ながら、そう思った。
私にとって、その場所は不可侵で、なにものにも邪魔されることなく、たとえ、1時間でも、新聞を読んだり、無心で本に没頭したり、心頭滅却して、考え事などをさせていただいている、ありがたーい場所なのだ。
気持ちよーく、長時間、お世話になる場所なので、いつもきれいでないと、気がすまない。
そんなところから、自然と自分でトイレのお掃除をすることが趣味となってきたように思う。

そんな”トイレお掃除名人”のためにも、覚悟をしていただきたい、というのだ。ただし、お金持ちの方は別であるが、、、。
そもそも、そんなお方はこのブログでお勉強する必要はないのだろう、と思う。
命令さえ、なさればいいのだから。
(注)動画で御紹介のネオジーゼンは最近、廃版になり、ヨゴレトール4が代わりの商品となりました。
販売のページはこちら


スポンサーサイト

  • 2017.05.17 Wednesday
  • -
  • 19:15
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

オンラインショップはこちら

オンラインショップはこちらから

アマゾン

企業情報┃会社概要

        

和田金物店


        

じっとしているのは苦手。40歳位から、ジョギングを…【←詳細はこちら】


PR

新着エントリー

カテゴリー別

日付順

リンク

その他

携帯用QRコード

qrcode