便利な道具

マイクロ水力発電機の組み立て方 便利な道具ーホームメイド

 
小水力発電、マイクロ水力発電とは?。
マイクロ水力発電は理屈さえ、解れば、だれでもできる。太陽光発電と比べ、同じ、出力でも、大幅にコストは安い。24時間、水量が一定以上あれば、安定した発電ができる。制御盤の役割はおおまかに言って、3つある。1つ目は電源の管理である。2つ目は消費設備が耐久年限を越えたときなど、消費が発電量に比べて、少なすぎた時に、自動的に電流を逃がす過負荷防止の役割である。3つ目は電圧を安定して、100Vに保つ役割である。逆に流水量が多すぎたときなど、発電量が消費にくらべて、多すぎると、一気に,もともとの220V〜280Vに上昇して、コイルが損傷してしまうので、同じ結果になる。簡単に言えば、そうならないようにするための必要不可欠の装置である。組み立て方のポイントは門型にして、いつでも、引き上げて、メンテ可能にしておく事が大事である。なぜなら、3〜5年置きにベアリングの磨耗交換をしなければならないからだ。
残念ながら、川につきもののゴミだけはなにもしなければ、人力に頼るしかない。
そこで、ネックとなる川のゴミを回収するために、当社では水流を活用した、組み立て式の自動のゴミ回収装置を考案しました。
販売のページはこちら
販売のページ2はこちら

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

オンラインショップはこちら

オンラインショップはこちらから

アマゾン

企業情報┃会社概要

        

和田金物店


        

じっとしているのは苦手。40歳位から、ジョギングを…【←詳細はこちら】


新着エントリー

カテゴリー別

日付順

リンク

その他

携帯用QRコード

qrcode