便利な道具

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.05.17 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

割れた瓦を3年放置すると?大変なことに!修理のコツとは?

 
瓦補修工事のコツとはまず、順番を間違えないことだ。垂木や軒垂木、それに、けら端板まで腐っている場合は特にそうだ。まず、けら端板を補強、その後、垂木を差し込む、か、差し込むスペースがない場合は、従来の古い垂木の横に新しい垂木を取り付ける。また、補修したけら端板にもコースレッドを締め付ける。それから、軒垂木をけら端板の上に取り付け、最後に、その軒垂木のうえに下地板を張る。そうしておいて、瓦を載せるのだが、銅線でくくる仕事が瓦を浮かした状態でくくらねばならないため、一人では大変やっかいだ。銅線を長めにするしかない。

スポンサーサイト

  • 2017.05.17 Wednesday
  • -
  • 22:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

オンラインショップはこちら

オンラインショップはこちらから

アマゾン

企業情報┃会社概要

        

和田金物店


        

じっとしているのは苦手。40歳位から、ジョギングを…【←詳細はこちら】


PR

新着エントリー

カテゴリー別

日付順

リンク

その他

携帯用QRコード

qrcode